グラビアタレント・都丸紗也華のサウナホリック

contents section

グラビア活動を中心に、雑誌『サイゾー』、『FRIDAY』『ヤングチャンピオン』などの表紙を飾ってきた都丸紗也華

グラビアだけでなく、バラエティや舞台でも引っ張りだこな彼女ですが、実は大のサウナ好きとしても知れられています。その勢いは趣味の域を通り越し、もはや“サウナホリック”とも。

今回はそんな彼女に思う存分サウナについて語ってもらう企画を敢行。
サウナに入ったきっかけから、おすすめのサウナや熱波師まで、止まらないサウナ愛が炸裂します!

都丸 紗也華(とまる さやか)

1996年9月26日生まれ、群馬県出身。
ミスID2015を受賞、その後はグラビアを中心に多方面で活動中。 20年には3rd写真集「MeeTomaru」(光文社)を発売し、現在は「所さんの目がテン!」(日本テレビ系) 準レギュラーを務める。

はじめて入った水風呂は「すべてのストレスが開放される感じ」だった


──都丸さんはご自身のSNSでサウナに行った様子を頻繁にあげていますよね。今日は思う存分サウナ愛を語っていただければと思います!まず、都丸さんがサウナにハマったきっかけはなんだったのでしょうか?

都丸紗也華(以下、都丸):きっかけは、去年の夏に出演した舞台『サウナ―マン ザ・ステージ』ですね。サウナの中でおじさんたちが語り合うというストーリーなんですけど、私が熱波師役で出させてもらって。
でも、そのときってそもそもあまりサウナに行ったことがないし、熱波師というのも知らなかったんですよね。

──確かにサウナに馴染みがないとなかなか知られない存在なのかもしれませんね。

都丸:そうなんです。で、そんな不安を抱いていたら、一緒の舞台に出ていた“インパルス”の堤下さんが「いい熱波師がいるからサウナに行こう」って言ってくれて、そのお友だちのサウナーたちと一緒に初めて本格的なサウナに行ったんです。『天然温泉 平和島』というところに連れて行ってもらったんですけど、そこは岩盤浴用のウェアで、男女が一緒にサウナに入れるんです。

──じゃあサウナ上級者の方が1から教えてくれたんですね。

都丸:はい!サウナって入り方いろいろあるじゃないですか。その基本を優しく教えてくれて、しかも目の前で熱波師の方がロウリュをしてくれて!そこで自分が演じる役柄を初めてみたんですよね。

今回は実際に都丸がサウナに入る様子もお届けしちゃいます!


──なるほど!でもサウナ初心者が、いきなりあの熱風を浴びるのってツラくなかったですか?

都丸:井上(勝正)さんっていう熱波師のレジェンドの方がやってくれたんですけど、もう熱すぎて(笑)。
「早く水風呂に入らせて!」って思いながら、熱風を感じてました。今思えば、最初のサウナでそんな贅沢な体験はないですよね。

──水風呂もはじめから入れたんですか?結構怖いっていう人多い気がしていて。

都丸:そうですよね。でも私の場合、とにかく熱くて、それを冷ましたい一心だったので、「怖い」とか考える暇がなかったです(笑)。しかもその状態で入った水風呂が気持ち良すぎて。なんていうんですかね、ストレスから開放される感じというか、「みんなこのためにサウナに入るんだ」っていうのがわかりました。

初回からサウナの気持ち良さがわかるってなかなかないと思うんですが、堤下さんをはじめ、本当に周りのサウナーの方に恵まれた気がします。

──いいサウナ入門だったんですね!そこからはどうやってサウナを開拓したり、深めていったのでしょうか?

都丸:最初の数ヶ月は堤下さんとサウナーの方々に「ここがいいよ」と色々教えてもらって、ときには連れてってもらって、とにかく毎日のように行ってましたね。

「テントサウナって熱い!でも気持ちいい」


──毎日ですか!それはすごい頻度!

都丸:今では週1~2回にするようにセーブしているんですが、当時はバカみたいに行ってましたね(笑)。

──急激にサウナにハマっていった都丸さんをみて、周りからの反応はいかがでしたか?

都丸:引かれないかなと思ったんですが、ポジティブな反応が多かったんですよね。今サウナがブームになっていて、私の周りの友だちの女の子もなんとなく気になってるって子が多くて。

むしろ「私も連れてって」って子が何人もいて、今ではサウナ仲間になっているぐらいです(笑)。

──一緒にサウナ沼に入ってったわけですね(笑)。

都丸:そうですね。SNSでも「サウナに行ってきました」と投稿すると、リアクションをいただいたり、「どこのサウナがおすすめ?」とか質問が来るようになりましたね!

「風くれぇー!」という気持ちになる、おすすめのサウナと熱波師


──なるほど。都丸さんおすすめのサウナ、ぜひ聞かせていただきたいです!

都丸:数え切れないぐらいあるんですけど、まずおすすめしたいのは横浜にある『スカイスパYOKOHAMA』ですね!施設がきれいですし、いい熱波師の方が多いので、ぜひアウフグースをしてほしいです。

──熱波師さんのおすすめまで……!ありがとうございます。

都丸:あと、池袋の『かるまる』はサウナも種類があって楽しいですし、なにより頭まで入れる水風呂があって、本当に気持ち良いんです!!普段は男性専用ですけど、レディースデーがあるので、女性の方はぜひその日に行ってみてほしいです。

そうそう、レディースデーで思い出したんですけど、錦糸町の『ニューウィング』もミニプールがあって、頭まで入れるんですよね。あとは……

時間が経つにつれ、汗が止まらなくなってきた都丸


──全然止まらないじゃないですか!

都丸:ちょっとラスト、これだけすいません! 
これはサウナじゃなくて、私の推しのアウフギーサーなんですけど、五塔熱子さんという方がいて。

──すごい名前ですね!

都丸:女性の熱波師さんなんですけど、女性らしいしなやかな動きなのに、力強い熱を送ってくれるんですよ。
風を送るフォームを見てても楽しいですし、「風くれぇー!」って気持ちになります。

──早く風がほしくなるぐらい、気持ちいいんですね。

都丸:そうなんです!特に五塔さんの場合は、ロウリュのアロマがすごくて!! 
ミントパンチっていうアロマで、名前の通りすごくミントの香りが強いんです。

それが強烈すぎて、熱いのかどうか分からなくなるくらいスースーします(笑)。
めちゃめちゃ熱いのに、耐えられちゃうみたいな、不思議な体験ができるはずです! 

最初の出会いは『天然温泉平和島』だったかなあ、とにかく衝撃でした。

サウナストーンにアロマ水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」


──熱波師の方にもそれぞれ違いがあるんですね。

都丸:そうですね!
みなさんタオルの振り方が違いますし、エンターテイナーみたいな感じで、楽しみながら熱波が受けられるんですよね。

普段のサウナだと、じっとしながら汗をかくのを待つんですが、ブワッって汗が出てきますからね。
本当にすごい仕事だと思います。

──いろんな熱波師の方をみて、舞台の役柄にもそれは出てきたんですか?

都丸:そうですね、実際の演技にどこまで反映されたかはわからないんですが、熱波師さんの大変さが身にしみてわかったというか。

熱波師さんが振ってるタオルあるじゃないですか。あれって普通のタオルよりも重いんですよ。

──ええ!そうなんですか?

都丸:なかなか知らないですよね!なので、思ったように仰げないし、風も届かなくて……。
あの重いのを何回も振れるっていうのは相当な訓練が必要だなと思いましたね。

──熱波師の知られざる苦労を体感したんですねでは今後都丸さんが行ってみたいサウナはありますか?

都丸:そうですね。コロナ禍で地方になかなか行けてなくて、
もし行けるのであれば、熊本の『湯らっくす』に一度は行ってみたいですね。

ほかにもたくさんあるんですが、また止まらなくなっちゃうので……(笑)。

「目だけ出してサウナに入る」「一度シャワーを浴びる」都丸流サウナルーティーン


──ありがとうございます!ちなみに都丸さんのサウナのルーティーンってどんな感じなんでしょうか?

都丸:サウナや水の温度にもよるんですけど、私はだいたい10〜12分ぐらいサウナに入って、一回軽くシャワーをしてから水風呂に1~2分入ります。18~20度ぐらいで少し温度が高い水風呂だったら、5分ぐらいは入ってるかも……! 

で、そのあとしっかり5~10分ぐらい休憩をして、もう一度サウナに入るという流れです。これを3回繰り替えしますね。

──サウナと水風呂の間でシャワーを挟むのは珍しいですね。

都丸:そうなんですか!水風呂が冷たいところだと、急に冷えちゃう感じがして、一回シャワーを挟むことが多いかもしれないです。


──水風呂に5分入るときがあるっていうのも、都丸さん流ですよね!

都丸:そうかもしれないです。温度が高いとき限定なんですけど、上がって、休憩しているときに「もうちょっと、入ってればよかった」って後悔することがあるので、普通の人よりも少し多めに冷やしちゃうかもしれないです(笑)。

──あとはサウナへのこだわりはありますか?

都丸:サウナに入ると温度で髪が傷んだりするので、タオルをぐるっと巻いて目だけ出すのは私以外あんまり見ないかもしれません(笑)。

──口も隠すと息苦しくないですか?

都丸:それが不思議と苦しくないんですよね。むしろタオルあった方が息がしやすいかもと最近思ってます。

タオルで目だけを出す“都丸流”タオルの巻き方

「大丈夫!サウナって意外と怖くないから安心して沼にハマってほしい」

──なるほど。ありがとうございます。これまでいろいろサウナについて語っていただきましたが、都丸さんが思うサウナの魅力ってどんなところにあるんでしょうか?

都丸:やっぱりストレス発散ですよね。汗をかくのって最高なんだっていつも思いますね。コロナ禍で、サウナに思うように行けない時期があって、そのとき気づいたら体も疲れてて、精神的にもなんかストレスが溜まってるなと感じて。

「なんでだろう」と思ったら、「サウナに行ってないからだ!」と思って、やっぱりサウナがいいストレス発散とリラックスになっていたんだなと実感しましたね。

──さきほどもお話にでましたが、今サウナがブームになっていますが、そのことについてはどう思いますか?

都丸:私も昨年からサウナにハマった身なので、こうしてサウナが盛り上がっているのは嬉しいですね。

なかなか経営が上手くいかず、昔ながらの銭湯が閉業してしまうといったことも耳にするので、いろんな人がいっぱい行ってくれればいいなと思っています。良い施設が増えてくれたら嬉しいですし、小さなところもどうか潰れないでほしいと願っています。


──最後に、サウナに行きたくてもなかなか勇気が出ないという方に向けて、サウナ沼に引きずりこむ一言をお願いします!

都丸:「サウナはまじで気持ちいい!!すごいですよ!」って言いたいです! 
私も舞台が始まるまでは「サウナってちょっとおじさんっぽいかも」と思っていたんですけど、全然そんなことなくて、おしゃれなところも多いですし、私みたいな女性のサウナーも増えてきているので、一度足を運んでみてほしいです! 

あと、最初は水風呂に対して「心臓がドキドキして怖そう」と思う方も多いと思うんですが、ちょっとぬるめの水風呂がある場所もあるので、そこからトライしてもらって、ぜひ沼にハマってほしいなと思います。サウナは怖くないですよ!

──ありがとうございました!

衣装提供:MIZUNO(@mizunojp


取材・撮影】
高山 諒(プラチナムタイムズ編集部)



related post

関連記事

  • 【新入社員対談】プラチナムに入ってみて実

    華やかな世界で活躍しているタレントや俳優、モデルの裏で、日々サポートをしている「マネージャー」という存在。スケジュール管理や現場の同行だけではなく、タレントのことを誰よりも理解し、その魅力を最大限発揮できるように、ともに歩んでいく必要があります。 普段はあまり表に出ない “裏方” の存在ですが、実際はどんな人がマネージャーとして働いているのでしょうか?今回はプラチナムプロダクション(以下、

  • 【有馬記念2021】"競馬好き” モデル

    本日、2021年12月26日(日)に中山競馬場(芝2500m)で行われるグランプリレース“有馬記念” 。年末の風物詩となっているこのレースを、プラチナムプロダクション屈指の競馬好き・モデル、アイドル、そしてマネージャーがガチ予想!果たして、この中から見事的中なるのでしょうか!?!? ヒモ候補に “ゴルシ産駒や池江調教師のあの馬” も!業界注目のグラビアアイドル・雪平莉左

  • 【26時のマスカレイド】ライブの裏側に潜

    2021年12月29日(水)TOKYO DOME CITY HALLにて、26時のマスカレイドの5周年を記念した「26時のマスカレイド 5th Anniversary 年末スペシャルライブ」が開催された。なんと『プラチナムタイムズ』では、その裏側に1日密着!普段繰り広げられるきらびやかなライブの裏側には、どのような苦労があるのでしょうか?26時のマスカレイド(略称:ニジマス)のマネジメントを手掛

  • 女優・トリンドル玲奈 “20代から30代

    モデルに女優と幅広く活躍し、お茶の間では安定の人気を誇るマルチタレント・トリンドル玲奈。 高校生のときにスカウトされ、プラチナムプロダクションの“顔”として活躍してきました。そんなトリンドル玲奈ですが、今回30歳となる節目に、自身2冊目となる写真集「あいまい」を発売。写真集の撮影エピソードや、20代から30代への心境の変化。苦楽を共にしてきたマネージャーとの本音の語り合いまで、プラチナムプ