【22年5月号】芸能ビジネスサテライト

contents section

こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です!

本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対してマネージャー視点で取り上げる対談企画です。

古川 大貴(ふるかわ だいき)
プラチナムタイムズ編集長。
新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は6年目。現在は当社で広告・SNS事業のPRプランナー兼広報・PR担当に従事。好きな寿司ネタは穴子。
新保 紘太郎(しんぼ こうたろう)
プラチナムタイムズ編集部。
若年層向けPR会社を経て、プラチナムプロダクションへ入社。現在マネージャー歴3年目で、広告キャスティングにも従事。好きな寿司ネタはアジ。

PR TIMES「No.1広告」制限へ!

<参考記事>
J-CAST ニュース:「No.1広告」制限へ…プレスリリース大手PR TIMESが決断「やらせ横行」で業界団体も危機感
https://www.j-cast.com/2022/05/17437450.html?p=all


古川Mgのアイコン画像古川Mg

プレスリリース配信会社大手、PR TIMESが調査リリースに対しての基準強化を発表しました。

「お客様満足度No.1」「日本初」のような最上級表示をする場合には、調査結果や学術文献などの客観的根拠を提示するよう求めるとのことです。

▲引用:表記イメージ


新保Mgのアイコン画像新保Mg

これまでは調査データの記載項目が定められていなかったところ、調査期間・調査機関・調査対象・有効回答数・調査方法の5項目の記載を必須となりました。

調査の客観性と信頼性を担保し、わざとNo.1になるように設定された恣意的な調査を排除する狙いですね。

古川Mgのアイコン画像古川Mg

元々、PR TIMESはメディア関係者がニュースソースとするためにプレスリリースを閲覧するサイトでしたが、最近では一般の方が閲覧する機会も増えてきているので、消費者に向けてもより信頼のあるプラットフォームを目指すようですね。

新保Mgのアイコン画像新保Mg

タレントのSNSを使ったAD投稿でも、薬機法に違反しない表現や、誇大表現にならないように事前チェックする必要性が増していますね。

メディア接触時間「携帯/スマホ」が「テレビ」を上回り首位に!

<参考記事>
Screens:メディア接触時間「携帯/スマホ」が「テレビ」を上回り首位に!博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2022」時系列分析
https://www.screens-lab.jp/article/27954


新保Mgのアイコン画像新保Mg

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が2006年から毎年実施している「メディア定点調査2022」が発表されました。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・パソコン・タブレット端末・携帯電話/スマートフォンの7メディアへ、どのくらい接しているかの調査です。

古川Mgのアイコン画像古川Mg

1日当たりのメディア総接触時間は445.5分で、「携帯電話/スマートフォン」への接触時間が遂に今年初めて「テレビ」を上回ったみたいですね!

▲引用:メディア総接触時間の時系列推移(1日あたり/週平均):東京


新保Mgのアイコン画像新保Mg

個人的に意外だったのが、2010年のiPad発売や、2015年のNetflixの日本でのサービス開始などの、視聴環境の整備や視聴コンテンツの爆発的増加を経ても、総接触時間は2006年の調査開始以降110分程度しか増えていない点です。

古川Mgのアイコン画像古川Mg

先日、Z世代はコンテンツを倍速視聴やスキップ視聴をしているという記事も出ていました。
切り抜き動画が普及してきていることからも、可処分時間が頭打ちになっていることを感じますね。

<参考記事>
現代ビジネス:ドラマも「切り抜き動画」で観る…「倍速視聴派」Z世代の視聴実態
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94466


新保Mgのアイコン画像新保Mg

20代の約3割が、別の場所にいる親しい人と「オンラインでコンテンツを同時視聴することがある」という結果も出ていました。

LINEでグループ通話をしながらYouTubeをみんなで見る機能など、新しい視聴習慣にもアンテナを張っておきたいですね!

女優・本田翼さん、TikTok開設!

<参考記事>
ENCOUNT:本田翼、TikTok開設は事務所に内緒だった「言ってなくて」フォロワー100万人に喜び
https://encount.press/archives/309008/

古川Mgのアイコン画像古川Mg

本田翼さんがTikTok開設しましたね!!
初投稿から48時間で100万フォロワー超え、そして今日の時点(2022年5月31日)で170万フォロワーまで爆伸びしてます。

各投稿の再生回数もすごいです。なんと10投稿中100万再生以上が4つも…!

▲引用:本田翼さんのTikTok動画を分析


新保Mgのアイコン画像新保Mg

知名度のある芸能人の中では本田翼さんがTikTokフォロワー数1位ですが、日本人アカウント全体でみると本田翼さんでも100位以下ということに驚きました。

古川Mgのアイコン画像古川Mg

逆に言うと、TikTokは既存の知名度・芸能人など関係なく、多くのユーザーに見てもらえるプラットフォームということが改めて分かりますね。

新保Mgのアイコン画像新保Mg

あとTikTokで言えば、4月からSpotifyと共同でアーティストを応援するプログラムを開始しています!
プラットフォームを跨ぐ取り組みも珍しいので気になっています。

<参考記事>
PR TIMES:TikTokとSpotifyが共同でアーティストを応援するプログラム「Buzz Tracker」を開始!Monthly Artist 第一弾にサカナクションが決定!https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000639.000030435.html

テレビ東京、公式クラウドファンディングサイト「ナナ福神」がオープン!

<参考記事>
Screens:テレビ東京、公式クラウドファンディングサイト「ナナ福神」がオープン
https://www.screens-lab.jp/article/27953


新保Mgのアイコン画像新保Mg

ちょっと興味深いニュースです。
テレビ東京がクラウドファンディングサイトを始めました。

古川Mgのアイコン画像古川Mg

そういえば、連動した『あなたの情熱、撮ってきてください!~テレ東、クラウドファンディングはじめました~』という番組もやっていましたね!

新保Mgのアイコン画像新保Mg

日本テレビがVTuber事業で新会社を設立していたり、テレビ朝日がNFT事業に参入したり、テレビ局のメディア事業以外のビジネスも活発化してきている気がします!


<参考記事>
ITmedia NEWS:日テレがVTuber事業で新会社 市場活発化に合わせて拡大https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2202/03/news178.html

Screens:テレビ朝日&テレビ朝日メディアプレックス、NFT事業に本格参入
https://www.screens-lab.jp/article/27440


今月気になったニュースはこんなところで。
6月はどんな驚くニュースが入ってくるのか、今から楽しみですね。ではまた。

【執筆】
新保紘太郎(プラチナムタイムズ編集部)

related post

関連記事

  • 【22年1月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。2022年はどんな驚くニュースが舞い込んでくるのか楽しみですね。では早速、1月のニュースを見ていきましょう。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編

  • 【22年4月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は6年目。現在は当社で広告・SNS事業

  • 【コンテンツレコメンダー特別編】後藤聖那

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?5月のコンテンツレコメンダーは特別編として、タレントがハマっているコンテンツをより深掘りしてGW3日連続で配信していきます。最終日の今回は、自身のTwitterプロフィールでも「東海オンエアヲタク6年目(万年箱推し)」とアピールするほどの東海オンエア好き・後藤聖那が、GWに観てほしいYouTube動画3選をラ

  • 【22年2月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は6年目。現在は当社で広告・SNS