【コンテンツレコメンダー特別編】山崎玲奈がお届けするGWに観てほしいアニメ3選

contents section

こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

5月のコンテンツレコメンダーは特別編として、タレントがハマっているものをより深掘りしてGW3日連続で配信していきます。

今回は、大のアニメ好き・山崎玲奈が、GWに観てほしいアニメ3選をランキング形式でご紹介!

山崎 玲奈(やまざき れいな)

2001年5月24日生まれ。東京都出身。
アイドルグループ「Peel the Apple」のメンバーとして活動中。趣味はコスプレ・アニメ鑑賞、映画のフライヤーを集めること。

GWに観てほしいアニメ “第3位
『鬼滅の刃』

山崎玲奈のアイコン画像山崎玲奈

安定に大好きです!!
少年漫画で初めて単行本を買った作品です!
読めば読むほど、どうなるんだろう!とどんどん続きが気になり気づいたら入り込んでしまいます!
アニメになるとさらに魅力がアップするんです!
なんといっても、作品の面白さに加えて作画と音響が凄すぎる!
キャラに動きがつくと愛が深まってしまいます!
動いてるーって!毎回感動してます!
戦闘シーンが映像になることで鬼殺隊は、本当に生身の人間が戦っていて、この傷はすぐには治らなくて、その中で鬼と戦っているという情報がしっかり入ってきて緊迫が伝わってくるんです!
でも、鬼にも悲しい過去があったり…
鬼にも鬼殺隊のキャラ全員にも過去の深いストリーがあるんです。
それを知った上で見るとまた違う見方もできますし、色々考えさせられます(´ω`)
どの世代が見ても面白くて心に刺さる作品だと思います!
漫画もアニメもどっちもみて欲しいです!!!
テレビでも刀鍛冶の里編が放送中なので是非見てください!!

GWに観てほしいアニメ“第2位
『ソードアート・オンライン』

山崎玲奈のアイコン画像山崎玲奈

これは名作!!
昨年に、10周年を迎えた作品!
2012年からテレビ放送が開始されて、舞台は2022年の日本です。
そんな当時、2022年は未来だと思っていたのが、現代がついに作品に追いついてしまったんです!
深い!!!!
フルダイブ型VRゲームにログインしてしまう主人公がゲーム内に囚われてしまうんです!
ゲーム内と外の自分の体の命は繋がっていて、ゲーム内では敵も現れるので常に死と隣り合わせ!
戦闘シーンは見ていてドキドキハラハラが止まらないんです!
それだけではなく!
キャラクターも沢山でてきて、ひとりひとりがストーリーを濃く面白くしてくれるのも魅力です!
シリーズが沢山あるのでGWに見るのにピッタリなはず!
私も安全だったらVRゲームにフルダイブしたーい!!

GWに観てほしいアニメ“第1位”
『推しの子』

山崎玲奈のアイコン画像山崎玲奈

やっぱり!今期といえば!『推しの子』
今話題ですよね!!
TikTokで曲もよく聴きます!
推しの子は、第一話がなんと!90分もあるんです!しかも映画館での先行上映まで!
もちろん!初日に観に行きました!
作画も良くて映画館で観ると音響も相まって最高なんです!!
映画館ならではの良さがあるので、何回も観にいってしまいました!
特にライブシーン!
第一話に出てくる星野アイはアイドルなんです!
そのキラキラさに誰もが目を奪われてしまう!
私も虜になってしまいました!推しです…♡
でも、そんなアイには秘密が!!!
嘘と愛。
ただのキラキラアイドル漫画じゃないんです!
騙されたと思って見てみてください!

星野ルビーのコスプレ

山崎玲奈の熱い熱い紹介いかがでしたか?
ゴールデンウィークはお家でアニメを観るのも良いですね。

では、明日もお会いしましょう〜!

【執筆・取材】
新保紘太郎(プラチナムタイムズ編集部)

related post

関連記事

  • 【21年12月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。今年も残りわずか、2021年最後のニュースをお届けします! 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を

  • 【22年12月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です!本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は7年目。現在は当社で広告・SNS事業のPRプ

  • 【22年11月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は7年目。現在は当社で広告・SNS事業

  • 大の映画好き・羽鳥早紀が厳選する“人生に

    ABEMA『私の年下王子さま 100人の王子編』に出演し、モデル・女優として活躍中の羽鳥早紀。そんな羽鳥は年間365本以上の映画を鑑賞する大の映画好きで、自身のInstagramでも #1日1映画 のハッシュタグで積極的に映画のレビューを発信しています。 今回はその中から『人生に影響を与えた映画3選』として、羽鳥の人生を変えたきっかけになったと言っても過言ではない映画を紹介していただきます