今話題の戦隊ヒロイン・工藤美桜の多忙な1週間をLINEで追いかけてみた!

contents section

スーパー戦隊シリーズ『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日)で注目を浴び、その後もNHKの朝ドラ『ちむどんどん』への出演や、雑誌『with』でレギュラーモデルとして活動するなど、ドラマや映画、雑誌にひっぱりだこの工藤美桜

今年4月からはお昼の情報バラエティ番組『ポップUP!』でレギュラーを務め、さらに活動の幅を広げています。

今最も勢いのある工藤美桜ですが、一体どんな毎日を送っているのでしょうか?
今回はプラチナムタイムズ編集長・古川が、工藤美桜に1週間密着!

「今日はどんな1日でしたか?」からはじまるLINEを毎日送り、どんな日々を過ごしているのかを調査していきます!

初バラエティに緊張する姿やお酒のエピソード、オフの過ごし方などなど……
1週間のLINEを通じて、テレビや雑誌では見られないプライベートな工藤美桜の姿がみえてくるかも…!?


工藤 美桜(くどう みお)

1999年10月8日生まれ、東京都出身。
2020年『魔進戦隊キラメイジャー』のヒロイン、キラメイピンク/大治小夜役に抜擢。 また2021年7月期TBS 日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』に清川標役で出演し、「死者は…ゼロです」のセリフで話題に。そして同年4月からはファッション誌『with』のレギュラーモデルとしても活動し、女優、モデル、バラエティと活躍の場を広げている。今年4月からフジテレビ新番組『ポップ UP!』に月曜レギュラーメンバーとして出演中。

【密着1日目】
クイズ番組に緊張!?

▲工藤美桜と古川編集長のLINEトーク画面

密着2日目】
今まで培ってきたものが活かされたドラマ撮影

密着3日目】
朝イチのルーティンはポーズを決めて◯◯を飲むこと!?

密着4日目】
メガハイボールを頼むことも…!? 酒好きエピソードが炸裂

密着5日目】
自分を整える、オフの日の過ごし方

密着6日目】
グラビア撮影の1日!これまで印象的だった撮影エピソードも

密着7日目】
グラビア撮影の合間に八丈島で食べたものとは?


バラエティの収録やドラマ撮影、グラビア撮影など、忙しい日々を送っている工藤美桜。
1週間のLINEを通じて、収録に緊張している様子や、撮影の合間のご飯を楽しむ姿、オフの日の過ごし方など、普段見ることのできない一面が見えてきました。

毎日さまざまな場所で試行錯誤し、楽しみながら仕事をする工藤美桜からこれからも目が離せません!

《♡LINE内オフショット


【取材】
古川大貴(プラチナムタイムズ編集長)

【執筆】
高山諒(プラチナムタイムズ編集部)

related post

関連記事

  • 契約12社!CM女王・君島光輝が明かすオ

    多くの応募数の中から、役を勝ち取れるかが決まる “オーディション” 。審査員の前でアピールできるのはほんの一瞬で、周りを見渡せば猛者ばかり。一体どこを見られているんだろう?何を準備していったらいいんだろう?そんな法則がないオーディションという名の試験に、悩んでいる人もきっと多いはず。 そこで今回は数々のオーディションを勝ち抜き、現在12本もの広告・CMに出演を果たしている、タレント

  • 【ハロウィン企画】タレントたちの仮装SN

    今日はハロウィン当日ですね!プラチナムプロダクションのタレントたちも様々な仮装をしているので、仮装スナップとしてお届けします! HAPPY HALLOWEEN👻 happy Halloween🎃💗💗昨日はトクポありがとうございました♩うさぎ大好評だったので数量限定でチェキ販売します🐰詳しくはまたお知らせするね📢 pic.twitter.com/jDZD4FCxiK&

  • 吉田莉桜二十歳。少女と大人の顔を持ち合わ

    2017年の『高1ミスコン』でグランプリを受賞し、ドラマやバラエティ番組などで大活躍中の吉田莉桜。そんな彼女が、20歳という節目のタイミングで、自身2冊目となる写真集「青とハチミツ」を発売。少女から大人の女性に移り変わる、今しか見ることのできない彼女の姿を、地元・長崎で撮影。今回はその撮影秘話や、芸能界に入るまでの等身大の悩みなど赤裸々にお伺いしました。 彼女の目に映る、これからの未来はど

  • プラチナムプロダクションの公式サイトをリ

    いつもご覧いただいている皆さん、プラチナムタイムズ編集長の新保です。普段は広告部に在籍しており、WEB広告のキャスティング提案やSNSの運営支援、 タレントのマネージメント、そしてこの『プラチナムタイムズ』の編集長などを担当しています。 タイトルにもある通り、このたびプラチナムプロダクションのコーポレートサイトがリニューアルしまして、この記事では、その業務に携わった身として、サイトリニュー