【有馬記念2021】”競馬好き” モデル×アイドル×マネージャー ガチ予想!

contents section

本日、2021年12月26日(日)に中山競馬場(芝2500m)で行われるグランプリレース“有馬記念” 。

年末の風物詩となっているこのレースを、
プラチナムプロダクション屈指の競馬好き・モデル、アイドル、そしてマネージャーガチ予想!

果たして、この中から見事的中なるのでしょうか!?!?

ヒモ候補に “ゴルシ産駒や池江調教師のあの馬” も!
業界注目のグラビアアイドル・雪平莉左

雪平 莉左(ゆきひら りさ)

1994年6月17日生まれ、愛知県出身。
地元で3年間OLとして働いたあとに上京し、20年夏にはWEB版『東京カレンダー』の企画“東京プールラバー2020”に出演し話題に。グラビアデビュー後に間もなく週刊『ヤングジャンプ』で表紙を飾り、21年9月にはデジタル写真集を発売するなど大注目の逸材。趣味はゴルフ・競馬。


予想した理由
本命は引退レースでもあるクロノジェネシス。
3歳世代の好走が目立つためエフフォーリア、ステラヴェローチェ、タイトルホルダー。力差だと思う順の印。

その他ヒモ候補の馬は、有馬記念を制した父ゴールドシップ産駒のウインキートス、有馬記念に強い調教師池江さんのペルシアンナイト。

買い目
印の馬で幅広く馬連、三連複、ワイド、複勝を考えてます。

有馬記念2021に賭ける想い
去年は馬券が外れたので今年こそは当てたいです!クロノジェネシスにも連覇で引退して欲しいです。


“キズナ産駒” に注目!
今年から競馬にハマったpredia・まえだゆう

まえだゆう

1989年4月20日生まれ、大阪府出身。
日本一のセクシーさと最強の歌唱力を併せ持つ、”唯一無二”の大人アイドル prediaのメンバー。愛称 “ちゃんころぴー”
自身のTwitterでは「#ちゃんころぴー競馬」のハッシュタグを付けて、レース予想をするほどの競馬好き。


予想した理由
エフフォーリア、クロノジェネシスはやっぱり最強なので外せなかったです!!
アカイイトとディープボンドは推し馬でもあるキズナを父に持つ馬なので期待しています!!

買い目
3連単(10→13→7)
3連複BOX(5.7.9.10.13)

有馬記念2021に賭ける想い
有馬記念は毎年注目していたのですが、今年は馬券を買うようになって、より競馬にハマってからの初めての有馬記念なのでとっても楽しみです!当てて自分へのクリスマスプレゼントにしたいです!笑


このレースに勝ったら一口馬主に!? 
趣味が競馬のグラビアアイドル・あのんの予想

あのん

1999年2月5日生まれ、大阪府出身。
グラビアとして雑誌などで活躍する中、21年3月には2020年シーズンの最も活躍した人に贈られる「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー20-21」を受賞するなど注目の的に。趣味は競馬で、20年のジャパンカップで父からアーモンドアイを勧められ、競馬を始めた。


予想した理由
◎クロノジェネシス
去年の有馬記念では1着で中山競馬場になれているし、今年の宝塚記念ではルメール騎手が騎乗して1着だったので今回の有馬記念はクロノジェネシス一強!
そして、なんといってもラストランなので有終の美を飾って欲しい!

○エフフォーリア
どんなレースにも対応出来る優れた馬で天皇賞・秋ではコントレイルとグランアレグリアを先着した実力派!

▲タイトルホルダー
2500mで高低差がある中山競馬場なので、持久力があるタイトルホルダーが逃げ切れるのじゃないかと思うが、大外なのでそこだけが心配。

△アカイイト
G1エリザベス女王杯で一位に輝いてノリに乗っている馬!2500mはまだ走ったことがない馬なのでそこが心配である。

買い目
三連単ボックス(7-10-13-16)
単勝(7)

有馬記念2021に賭ける想い
有馬記念は毎年注目していたのですが、今年は馬券もし勝ったら、私は一口馬主になります!


奇跡を信じてキセキに本命!
競馬初心者のカリスマギャル・8467(やしろなな)の予想

8467(やしろなな)

2000年7月19日生まれ、千葉県出身。
ABEMA「今日、好きになりました。-第12弾-」に参加後に同世代からの圧倒的な支持を得て、「三代目カリスマギャル」のキャッチフレーズにタレント・モデルとして活動。現在はギャル雑誌「nuts」の専属モデルとして活躍し、20年10月にアパレルブランド『LANI.COCO』をプロデュース。競馬は全くの未経験である。

予想した理由
◎キセキ
これは奇跡起きて欲しいと思うから!!!

○エフフォーリア
これもエフフォーって花男を思い出すから勝って欲しいと思いを込めて。笑

▲クロノジェネシス
名前がカッコいいから!7番だし!

△アカイイト
運命を感じちゃうから♡

買い目
全部3連単(キセキ、エフフォーリア、アカイイト)

有馬記念2021に賭ける想い
有馬記念はなんとなくこの時期になると聴いたことある競馬の大会なので、年末最後のご褒美に自分にプレゼント買えるように参加しました☻ ルールは分からないけど、勝ちますよ〜に!


プラチナムプロダクションを代表する馬女(ウマジョ)
馬好王国MCでもある神部美咲の予想は?

神部 美咲(じんぶ みさき)

1994年8月20日生まれ、大阪府出身。
週刊プレイボーイ(集英社)やFLASH(光文社)などでグラビア出演する一方、20年4月から CX「馬好王国∼UmazuKingdom∼]の MC に抜擢されブレイク。
21年1月からは CX「週末はウマでしょ!」にもアシスタントとしてレギュラー出演するなど、趣味の競馬を活かした活動やバラエティでの活躍も注目されている。


予想した理由
◎クロノジェネシス
凱旋門賞の疲れも囁かれていましたが、ラストランに向けて順調に仕上がってるみたいです。
唯一の牝馬でグランプリ3連覇。最後にまた歴史を作る4連覇を期待してます。

○エフフォーリア
今年の3歳世代はとにかく強くてその世代の大将格。強敵だと思います。
天皇賞秋では強い相手にも勝ち、実力は文句なし。本命馬クロノジェネシスを負かすとすればエフフォーリアだと思ってます。

▲アサマノイタズラ
逃げ馬、先行馬が多いので、展開次第では差しが決まる可能性があり一発逆転に期待。ちなみに、見栄晴さん激推し馬です。

△ステラヴェローチェ
密かに応援してきたステラヴェローチェは、スタミナ、パワーもあって、中山のトリッキーなコースも器用にこなしてくれると思いますし、調教もよかったので3歳世代の主要メンバーに躍り出てほしい。

買い目
3連単2頭軸マルチ(7.10→6.9.13.14)

有馬記念2021に賭ける想い
競馬歴2年目に入り、知識も増え、欲も増え(笑)惜しい馬券が続きました。
グランプリレースはしっかり的中させて気兼ねなく新しい年を迎えたいと思います!


休日は競馬三昧!?
プラチナムプロダクション・酒井田Mgの予想


酒井田マネージャー

1995年7月17日生まれ、東京都出身。
プラチナムプロダクションへ、21年8月に入社したばかりの新人マネージャー。
休日は競馬三昧の日々で、今年1月のレースで払戻金24万円(3連単)というエピソードを持つほどの競馬好き。


予想した理由
◎クロノジェネシス
グランプリ3連覇中の実績は揺るがないもので、前走の凱旋門賞は海外特有の馬場であり、度外視。
日本では敵無しの馬だと思っているので、今年引退したコントレイル、グランアレグリアに続いてラストランを飾って欲しい。

○エフフォーリア
世代最上位の一頭だが、今回は対抗まで。
クロノを倒せる能力はあると思うが、周りの先行馬に挟まれる展開、2500mという初めての距離を考えると少し評価を下げる。

▲アカイイト
今年のエリザベス女王杯馬。エリザベス女王杯経験馬でいうと、リスグラシュー、サラキア、クイーンズリングなど掲示板までに残している馬が多数。
ここまでの成績を見ても、上がり上位3位を外しているのは1度のみで確かな末脚も持つ。先行馬多い今回のレースで、昨年のサラキアのような追込の再現をもう一度期待したい。

△ステラヴェローチェ
クロノジェネシスと同じ父、バゴの血を持つこの馬。
クラシック戦線ではあと一歩だったが、毎回上がりは使えていて、コース適正もあり、力は確か。
バゴ産駒でワンツー決着というのも見てみたい。

買い目
3連単フォーメーション
7-10.13-6.9.10.11.13.14.15.16、7-6.9.10.11.13.14.15.16-10.13(計28点)

有馬記念2021に賭ける想い
馬券を当てるだけ、ただそれだけです。


1年を締め括るグランプリレース・有馬記念。
ご紹介した所属タレントたちは、このレースを当てられるのでしょうか!?

是非、こちらの予想を照らし合わせながら本日26日に行われるレースをご注目ください!


執筆】
高山 諒(プラチナムタイムズ編集部)

取材】
古川大貴(プラチナムタイムズ編集長)


related post

関連記事

  • プラチナムプロダクションの公式サイトをリ

    いつもご覧いただいている皆さん、プラチナムタイムズ編集長の新保です。普段は広告部に在籍しており、WEB広告のキャスティング提案やSNSの運営支援、 タレントのマネージメント、そしてこの『プラチナムタイムズ』の編集長などを担当しています。 タイトルにもある通り、このたびプラチナムプロダクションのコーポレートサイトがリニューアルしまして、この記事では、その業務に携わった身として、サイトリニュー

  • 【22年11月号】芸能ビジネスサテライト

    こんにちは、プラチナムタイムズ編集部です! 本コラムでは芸能事務所の現役マネージャーでもある編集部メンバーが、最近気になったエンタメ業界を驚かせたビジネスニュースに対して “マネージャー視点” で取り上げる対談企画です。 古川 大貴(ふるかわ だいき)プラチナムタイムズ編集長。 新卒でPR代理店を経て、芸能事務所で2社を渡り歩き業界歴は7年目。現在は当社で広告・SNS事業

  • Z世代憧れの存在 “石川翔鈴” 10代最

    高校生による青春恋愛リアリティーショーABEMA『今日、好きになりました。』に出演し、若い世代を中心にSNSやCM等で人気を集める石川翔鈴。20歳を目前に控える彼女が、10代最後の姿を表現すべく、自身はじめてとなる写真集「KAREN」(玄光社)を発売。地元・北海道の札幌、旭川、室蘭などで撮影し、ありのままの姿や大人っぽいランジェリー姿など、19歳の今をぎゅっと詰め込んだ写真集になっています。今回

  • 芸能界の荒波を乗り越え掴んだ、手島優の幸

    グラビアやバラエティ番組などで幅広く活動し、タレントとして芸能界で長年活躍している手島優さん。 キャリアの序盤はグラビアで人気を獲得し、『週刊ヤングジャンプ』の読者投票で1位に輝いたり、様々な雑誌の表紙で活躍してきました。30代に差し掛かると、徐々にバラエティで存在感を放ち、次第にバラエティでは『ロンドンハーツ』や『ゴットタン』などでいじられキャラとして定着。 芸能界の酸いも